お知らせ 2019年7月20日

【小中高へのキャリア教育出前授業】市岐商でお話させていただきました

岐阜市創業機運醸成事業(日本政策金融公庫、岐阜市信用保証協会、十六銀行)
の出前授業(起業家教育)の講師に御指名いただき
岐阜市立岐阜商業高校で出前授業を行っていりました。

第7回高校生ビジネスグランプリにチャレンジする
経営管理科の3年生40名を相手にお話をさせていただきました。

「若いからこその柔軟なアイデアを活かし、地元の特産品を生かして商品開発&販売」
という、一昔前によく見かけた起業家教育も
こうしたビジネスグランプリをきっかけに影が薄くなりつつあります。
突き抜けた発想力と企画力でビジネスグランプリをぜひ勝ち抜いて欲しいなと思いました。

限られた生活環境の中で生まれるアイデアというのは限界もありますので
多角的に情報を見つめることの大切さや
大人が「常識」と定義してしまっていることを疑うことの大切さ
何よりも、個々の持つ「長所」を組み合わせたチームが生み出す「強み」こそが
起業には必要不可欠であるといった内容で話をさせていただきました。

岐阜市は、ただでさえ新規創業が少ない街です。
この中から起業にチャレンジする、サポート側として関わる若者が
一人でも多く生まれると嬉しく思います。

*写真撮影は行っておりませんので、レポートにて

*7月19日(金)中部経済新聞、岐阜新聞にて、紹介されました。