ロボットコンテスト、大学連携、キャリア教育 | DONGLES(ドングルズ)

お知らせ 2021年9月24日

【名古屋工業大学連携イベント】協賛企業様訪問

名古屋工業大学で12月に開催される
「みんなで!!ロボットコンテスト!!」の開催趣旨に賛同いただいた企業様の
企画や運営に携わる学生を伴っての訪問が始まっています。

この日は、名古屋工業大学の構内にラボ「M・AI-Lab」を構えていらっしゃる
株式会社マルエム商会様に訪問させていただきました。

マルエム商会様は、工場や施設の各種電機・機械設備を提案する国内でも数少ない総合技術商社として
日本のものづくりを支える事業を展開されています。

「総合技術商社」という事業形態は、大学生にとっても耳慣れないようで
「いろいろな関わり方で、日本全国の企業さんと関わっているんですね」
「こんな企業さんが、大学の中にあるなんて…。またラボを覗きに来ていいですか?」
と、興味深々の様子でした。

「コロナで、ただでさえ学校で学ぶ機会が減っているので、
 正直なところ、大学で学ぶモチベーションが下がっている友達も少なくないです。
 こうして企業さんと話せるのはすごく刺激になります。」
訪問後に、参加した学生が喜んで話してくれました。

イベント自体は小学生向けの企画ですが
この企画を通して大学生の意欲に火をつけ
そうした意欲ある学生さんと優良な企業さんとの関係づくりを目指しています。



お知らせ 2021年8月19日

【大学連携】次世代育成×名古屋大学

次代をリードする人材をいくせいすることをねらい
名古屋大学において小中学生対象とした教育事業を実施しようと
かねてより話し合いを進めております。

ドングルズが力を入れている次世代育成事業で
企画運営には大学生も参画し
協賛企業様も含め、関わる人々が次の時代をリードする主体者となる
気づきや学びの場を創出したいと願っています。



これまでは「みんなで!!ロボットコンテスト!!」の名古屋大学バージョンを
開催する準備を進めていましたが
コロナウィルス感染拡大に伴い、
昨年度は中止、今年度は開催時期が確定できないという
なんとも歯痒い状況が続いております。

出口の見えない社会情勢は、鬱々とした気持ちにさせられますが
それ以上に明るい未来を描けない子ども達は
口には出せない不安であったり、希望を見いだせないでいます。
そうした状況を打破する力強い若い力を育むためにも
今年度中に、この企画の実現を目指したいと考えています。

お知らせ 2021年7月16日

【大学生によるスポンサー企業様訪問】トータルテクニカルソリューションズ株式会社様

名古屋工業大学を会場に
名古屋市内の子ども達を集めて開催する
「第2回みんなで!!ロボットコンテスト!!名工大杯」の
運営メンバーである学生の皆さん(合同会社LiT)と一緒に
今年度もスポンサーとして御協力いただける
トータルテクニカルソリューションズ株式会社様を訪問させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社のテクニカルアドバイザーを務めていただいている加藤様も
長く自動車に携わってきたこともあり、ディープな自動車開発談議で初めから盛り上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような機会は学生側も企業側も双方にとって有意義な時間となります。
活発な意見交換が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合同会社LiTのメンバーも、事業にかける熱い想いを知ることができ楽しそうです。
あっという間に時間がすぎていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の企業訪問の様な、企業様の魅力を学生の手によって広めるようなつながりを今後もつくりたいと願っています。

 

お知らせ 2021年6月11日

【大学連携】第2回名工大ロボットコンテストに向けて

名工大ロボットコンテスト開催に向けて
本年度の企画運営をお手伝いいただくことになりました
名工大の学生さんで構成される
合同会社LiTのメンバーと打ち合わせを行いました。


会場は、名古屋工業大学産官学連携センターのある
18号館の3階の合同会社LiTのオフィスです。


今年度のイベント開催もコロナのこともあり会場の使用問題に悩まされています。
学内の状況も踏まえ、どの時期に開催すると一番良いかを意見を交換しました。


ただ単に、イベントをアルバイトとして手伝うのではなく
参加する学生さんにも、アルバイトやインターンとは異なる学びの場となるよう
どういう仕組みで行うと良いかを考えています。


学生の目線からも「小学生にものづくりの楽しさをいかに伝えるか」
そのアプローチ方法を考えています。

話し合いは、授業の合間の1時間で行いましたが
ねらいの再確認からスケジュールの組み立てまで
スムーズに話し合いを進めることができました。

学校の授業や自分達のプロジェクトに加えて
またひとつ、プロジェクトを並走させることになる合同会社LiTのメンバーですが
ご覧の通り、頼もしい面々で、このプロジェクトが楽しみでなりません。


本日も、テクニカルアドバイザーを務めていただいている加藤さんに同席いただき
無事にミーティングを終了しました。
6月末には、スポンサー企業さんを交えたキックオフミーティングを予定しています。

気になる方は、お気軽にお問合せ下さい。

前回の第1回大会の様子は、こちらからご覧いただけます。

 

お知らせ 2021年5月25日

【大学連携】名古屋工業大学、名古屋大学、岐阜大学

国立大学と連携して開催する
小学生にものづくりの魅力を伝える企画
みんなで!!ロボットコンテスト!!の打ち合わせが
いよいよ本格化し始めています。

先日は、名古屋大学の企画の中心を担う
名古屋大学のメンバーと打ち合わせを行いました。

名古屋大学の中心メンバーは、
自分達での新しい教育サービスを生み出すことを目指しているので
教育サービスの企画から育て方までを
このロボットコンテストを企画運営を通して学んでいただき
自分達の考えた新しい教育のサービスを
でっかく世に送り出すきっかけとして欲しいと願っています。

彼らの、より良い教育を子ども達に届けたいという熱意は
本当に素晴らしく、ドングルズとしても彼らを応援し続けたいと思っています。